モテ・恋愛・結婚 関連の体験談

【体験談】はげが恋愛や結婚へ及ぼす影響(筆者経験編)

投稿日:2019-07-18 更新日:

いきなりですが、以下のチャート、何を表したものかわかりますか?
上の面積グラフにある黒の折れ線が表すものは? 下の青の折れ線が表すものは?
【ヒントとなるキーワード】
・AGAによる薄毛 はげ
・薄毛対策(かつら等)
・ 20代 30代の経験

正解は・・・

こちらのリンクをたどってください。
そんなにもったいつける話しではありませんが。(^^ゞ

以下でチャートについて解説をして参ります。
また併せて筆者に近しい女性(元就活生Aさん)からの証言も紹介いたします。
これらを通じて、筆者が体験した若はげによる恋愛などへの影響について、ご理解いただけると思います。

体感したはげとモテ度の関係

チャートの見方を説明します。
上と下の折れ線とも筆者についてのグラフで、横軸の時間軸は、学生時代から結婚直後までの記載としています。
上の面積グラフにある黒の折れ線は、自毛とかつらなどの対策分を合せて、他人から見える髪の毛の量「外見毛量」を表しています。
一方、下のグラフの青の折れ線が表すものは、筆者が体感した「モテ度」です。彼女の有無などの要素は考慮しつつも、多分にと申しますかほとんど (^^ゞ 主観的、感覚的なものです。

「はげ認定の閾値」は、これを下回ると多くの人から一目ではげと認定され、はげとしての扱いを受けるレベルを指します。
抜毛が始まってからこの閾値を下回るまでは、隠れたはげ、または、はげ予備軍とも言えます。
本人は気にして育毛などの対策を始めてはいます。
ただ切迫感はそれほどではありません。
なぜなら周囲(日常接している、又は以前を知っている方々)から見ると、少し薄くなり始めたかもと感じる程度で、その人をはげと分類するまでには至っていないからです。

この閾値を下回ると、周囲からのはげとしての扱いが始まります。
つまり友人、知人からは、あらゆる機会を捉えてはげをネタにされ、からかわれ始めます。
初対面の女性からは、あからさまではないにしろ、あまり関りを持ちたくなさそうな態度を取られるようになります。

筆者の場合は学生生活の後期にその閾値を下回り、とにかく女性とは急速に縁がなくなっていきました。
不思議なくらいでした。
合コンや習い事などの出会いのチャンスはそれなりにあったのにもかかわらずです。

そこで育毛に加えて増毛も試しました。
ただ残念ながら自毛の減りが激しく、また増毛の量を増やすのは多大な時間的、経済的負担が必要なこともあり、増毛だけでは閾値を超えらませんでした。
超えるレベルまで増毛していれば、結果は変わってきたのかもしれません。


少し脱線しますが、現在であれば以下のような育毛サービスもあります。
利用していたら結果が変わっていたかもしれません。

初回育毛お試し体験

上記は、波長630nmの赤いLED光を照射する施術なども含めた総合的な育毛サービスのようです。
ご興味があれば是非お試しを。
以下の日本皮膚科学会ガイドライン記事(10ページ目)によると、統計上で有意な効果があるようです。
※LED光の効果については、詳しくは別途まとめる予定です
男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

また育毛については以下の記事もご参考に願います。
【気になる疑問】育毛剤や育毛サービスは薄毛に効果があるのか?【体験からズバリ】


体験談に戻ります。
社会人になる目前に、近親者からのありがたいアドバイス(忠告)を受けました。
そこで本格的な対策として、かつらにしました。
それにより閾値を超えることができ、世界が一変しました。

V字回復です!

更におまけ(プラスアルファ)がついて来ました。
生来の天然パーマかつ、髪の毛のツヤがあまりないゴワゴワなタイプでしたが、かつらにしたことで、美しいウェーブとツヤが手に入りました。
はげる前と比べて、より魅力的な髪形に変身することができたのです。

これにより、女性と目が合うケースが増えました。
当時はモテ度にあまり意識がなかったのと、はげ分類から脱出したてで半信半疑、リハビリも必要、ということで、あまり積極的に活用(悪用?)はしませんでしたが。
またハンサムだと直接言われたり、人づてに言われたりしました。人生始まって以来だったので、大いに戸惑いました。(^^)

社会人生活スタートの4月以降にこの変化があったとしたら、それはステージが変わったことの影響だろうと思います。
ただ実際は、対策実施直後の2月から変化が現れています。ステージ変化の影響を差し引いても、対策による変化があったと言えます。

元就活生Aさんの若はげに関する証言

続いて、以下の証言をご紹介いたします。
就活をしていて、若はげの男性に遭遇した、元女子大生Aさんの体験談です。

  • 【初夏】志望企業の筆記試験。まわりがとても賢そうに見える。中には博士課程の学生と思しき、はげ上がった学生まで。
  • 【翌年4月】志望企業へ入社。直後からの新入社員研修で、見覚えのある男性を発見。筆記試験の時に見たのかな?でもはげてないしな。まあなかなか感じのいい男性ではある。
  • 【その後】その男性とお付き合いすることに。
  • 【その半年後】男性からかつらを被っているとの告白を受ける。付き合い始めて安定期に入ってからのはげの告白はずるい。でももう付き合っているし。。。
    筆記試験の時に見たのは、やっぱりこの人だったんだ!
  • 【数年後】その男性と結婚することに。

Aさんの証言はまだ続きます。

  • 【 X年後】その男性(夫)から
    「もしも俺が、はげのままで、かつらをしてなかったとしたら、付合うことになっただろうか?」と聞かれ、


    「そうねえ。。。」と前置きしつつ、

「はげたおっさんと
付合うはずないでしょ!

 自惚れないでね。」

  という内容を柔らかく伝えた。

  
  でも結婚は後悔していません。

Aさんの証言は以上です。

たとえ現実に自分の夫となっている男性に対してさえ、初対面の時にはげていたら、恋愛対象にはならなかった、ということです。


いかがでしたか?
薄毛・はげ(特に若はげ)は対策した方がいいと、筆者が主張する背景について、ご理解いただけたと思います。
少しでも参考になればうれしいです。

※以下の記事で、薄毛・はげ対策のコスト対効果も含めて解説しています。こちらも是非ご参考に願います。
【もやもや解消】恋愛や結婚のためにはげをどうすべきか?【20代・30代】

-モテ・恋愛・結婚, 関連の体験談

執筆者:

関連記事

【体験談】かつら着用の生活での困りごと

薄毛・はげ対策として、かつらを検討されている方もいらっしゃると思います。そんな方が必ず抱くであろう疑問:「かつらを着用すると、生活の面で不便なことや困ることは何? どう対処するの? 結局大丈夫なの?致 …

【体験談】かつらに気付く人

はげ・薄毛対策をしている又はしようとしている本人から見ると、その外側の人々は、老若男女があまり意識されず均質の集団のように考えられることが多いと思います。というか、対策をしている自身について、このグル …

薄毛・はげを対策したら人生が変わるのか?【20代・30代】【モテ・結婚】

人生に暗い影を落とす薄毛・はげ。対策すれば彼女ができるのか?はげでも結婚でき、人生が変わるのか?特に20代・30代の若はげの方の多くが不安に思っている疑問に対し、体験を踏まえて答えています。

【実録】どうなる?海外赴任でのかつら利用[予告]

かつらを利用されている方は、自毛の散髪やかつらのメンテナンス等をしてもらう店舗は、基本は1つに決めている方が多いと思います。というか引っ越しや地方出張の際に、ご利用の毛髪業者の他エリア店舗を利用するこ …

AGA治療で治らない場合の薄毛・はげ対策【そろそろ婚活・結婚】

「AGA治療はしているが、治らない。生えてこない。」【現状維持】「プロペシア、ミノキシジルを飲んで少し生えた。でも望んでいる毛量にはほど遠い。」【少し改善も薄毛のまま】「AGA治療中だけど薄毛は進行中 …

Photo by Drew Hays on Unsplash

20才近くからの薄毛・はげ経験者。育毛歴6年、増毛歴2年、かつら歴25年以上。
就職目前での近親者(女子)のアドバイス「女は外見から入るから、はげだと何も始まらないよ。」が心に響き、かつらへの切替えを決意。おかげで無事に結婚も出来、子供にも恵まれる。
最近、知人からの薄毛に関する相談を受け、薄毛・はげで悩む人に向けて自身の経験などを書き綴り、少しでも役立ちたいと思い立つ。
*蛇足ですが写真はイメージです。(^^)